スーパーマトリックスIR

レーザーエネルギー&高周波(RF)
エネルギーのシナジー効果

スーパーマトリックスIRは、レーザーエネルギーの補填としてRFエネルギーを使用し、従来の単独アプローチの治療に比べ、痛みや火傷のリスクが抑えられ、効果的な治療が可能です。
また、皮膚温度モニター(ISL)やペルチェ半導体による表皮のコンタクトクーリングを採用しており、さらに安全性が向上しています。

マトリックスIR

しわ。肌のハリ、毛穴開大の改善に高い効果

マトリックスIR

高いエネルギー密度による強力アプローチ

ダイオードレーザーが照射されるハンドピース先端のクリスタル部分を6等分の格子状にすることで、深部まで安全かつ強力な加熱を可能にしました。
エネルギー密度の高い熱の帯(サーマルバンド)を作り出すことで深達度を高め、大容量の熱(深さ1~2.5mm、最高温度約60℃)を与えます。さらに、RFエネルギーが交わるホットスポット(熱だまり)をつくりだすことによって真皮上層を強力に加熱します。
また、サーマルバンド(熱の帯)により、照射後の皮膚に正常部分を残しながらスピーディな創傷治癒を可能にし、副作用や痛みをより少なくします。 サーマルバンド(レーザーエネルギー)RFエネルギーホットスポット(光+RF)
その結果、短期的には真皮上層の炎症による浮腫とコラーゲン収縮で肌にハリを出し、長期的には線維芽細胞を刺激して、創傷治癒過程におけるコラーゲンの増生・リモデリングを促します。
スーパーマトリックスIRによるしわ・たるみ治療は、より安全で効果的な治療法として期待されています。

スーパーマトリックスIR

スーパーマトリックスIRモード

スーパーマトリックスIRのアプローチ

非侵襲的なしわ・瘢痕治療の作用機序として、表皮を冷却等により温存し、同時に照射される熱エネルギーによって真皮層以下を加熱、創傷治癒反応を利用して線維芽細胞を刺激することでコラーゲンファイバーの産成を促し、再構築させるといったものが一般的です。このとき、真皮層以下の組織にいかに安全で、尚且つ充分な熱を与えられるかが、しわ・瘢痕治療において非常に重要なポイントになると考えられています。
波長915nmのダイオードレーザーとRFを組み合わせたMatrixIRは、表皮をコンタクトクーリングで温存しながら、高い照射密度・深達度を実現しました。サーマルバンド(レーザーエネルギーの帯)とRFエネルギーが交わるホットスポット(熱だまり)をつくりだすことによって安全に真皮上層を強力加熱します。
その結果、即時的なコラーゲン収縮と一時的な浮腫による肌のハリ感、しわへの効果と、治療を複数回繰り返すことで自己のコラーゲンのリモデリング効果による瘢痕治療やしわの改善が期待できます。

スーパーマトリックスIR

リフトアップ比較表

美容機器 表皮から 効果範囲 痛み 施術時間 持続時間
スーパーマトリックスIR
(最大モード)
2.5mm 真皮上層 25分 3〜6ヶ月
マトリックスIR
(レギュラーモード)
1mm 真皮上層 15分 1〜3ヶ月
サーマクール 5mm 脂肪全層 ++ 60分 6ヶ月

施術について

施術時間 50分(麻酔20分の場合)
通院回数 3〜6ヶ月に1回
痛み ほとんどなし
ダウンタイム ほとんどなし
メイク・洗顔・シャワー 可能

価格表ページはこちら

関連治療リンク

治療内容一覧はこちら

カウンセリングのご予約はこちらから(完全予約制)